サイトタイトル

「うみがたり」

上越市立水族博物館うみがたり

新水族博物館「うみがたり」が開業した。
私たちローカルプレスメンバーはこの新しい市立水族博物館「うみがたり」について、指定管理者の横浜八景島とはやくに接点を持ち、開業日の6月26日を迎えるまでの工事期間を一から撮影することに成功した。詳しくはこちらをクリック
2016年5月に始まった建設工事は順調に進み、開業。開業を待ちわびていた市民をはじめとする全国からのファンが大勢殺到している。市場は予想通りの状況になった。うみがたりは地上3階建て。約300種、4万5000点の生物を展示している。約120羽のマゼランペンギンをはじめ、以前は夏季限定だったバンドウイルカや県内初となるシロイルカなどを通年展示と新たにしている。日本海と水槽が一体となって見える「日本海テラス」をはじめ、海の中を歩いているかのような気分を体験できる水中トンネルは見事である。
しかし周辺環境設備は「いまひとつ」と言われている現状について、私たち市民は「何か」を変えなくてはならない。そのそれぞれの「何か」を持ち寄る事で更なる上越地域の活性を促すことになる。